【1人目】合同会社 金田社寺建築 金田社長


情熱系社労士 片岡です。

記念すべきお1人目の経営者の方です!
合同会社 金田社寺建築の金田(かなた)社長です。

d0343840_18440685.jpg
















入り口の看板から見て頂いてわかるように、めちゃ雰囲気あるでしょ~?

d0343840_19300312.jpg












代表の金田さん!
すごくソフトで優しい方です。


金田さんの会社は神社・寺院・仏壇・神輿などの新築・修復等を手掛けておられます。
その他にも伝統文化の発信ということで、神社仏閣に関する講座を開かれたり、
神棚つくり体験など積極的に活動されています。


◆起業のキッカケ

金田さんの起業されたキッカケは
宮大工は言われたことだけをやっていれば衰退するとの思いからでした。

低い予算で獲得した仕事だけでは本物の仕事は出来ない。
金田さん自身が本物の仕事を獲得していくことで、良い仕事をしたい。
そして、伝統を継承していく、価値観を高めていきたいとの思いから。

素晴らしいですよね!
こういう方がいないと日本の本当の素晴らしい伝統を継承していくことは難しくなります。
うんうんと金田さんのお話に聞き入っておりました。


◆目指す姿

例えば、日本の首相安倍さんが「神社仏閣の新築・修復といえば金田さんでしょ!」
と言われるくらいの人になりたい。
お客様に心から本当に喜んでもらえる、そしてそのお客様が更に他の人に伝えたい!
と思える「本物」を提供出来る人になりたいとのお話でした。

金田さんのお話聞いてると、自然と応援したくなってきちゃうんですよね~
これって、本気で頑張ってる人に対してはそう思えるじゃないでしょうか。
ビジネスだけじゃなくて、スポーツ観ていてもそうですよね。
人を惹きつけるには本気な姿が必要だと思います。


d0343840_19210368.jpg












経営理念もパチリと頂きました♪


◆価値について考える

この日、片岡が頂いた一番の気づきポイントがこちらです!

d0343840_19291180.jpg












これは神棚です。

会社にもよくありますよね。

金田さんが今回手掛けられたのは上に乗っかっている神棚ではなく
神棚を支えている「板」(土台)部分です。

よく見てください!!
すんごく豪華じゃないですか?

通常の「板」は1万円ほどだそうです。

しかし、このオーダーメイドのこの板は・・・

なんと!!

「43万円!!」

通常の43倍の価格です。

金田さんが、あるお客さんから神棚を厳格に祭りたいとの要望があったそうです。
当初は3万円くらいで金田さんも考えていたそうですが、
お客さんの想い、金額ではない価値観に触れ、

「これ以上にないものを作る!」

というアツい想いで作成されたそうです。

ちゃんと祭りたいというお客さんの需要があったんですね。


■片岡の気づき

販売者側が勝手に思い込み、決めつけるのではなく、
お客さんが何を本当に望んでいることをしっかり汲み取るということ。

これをしっかり汲み取る事が出来る人はお客様から選ばれますよね。
この重要性に気づきました。
気づきをありがとうございます!!


金田さんにはせっかくのお休みの中、お時間を頂戴し感謝感謝です。
これからも素晴らしい日本の伝統を守っていって頂きたいです。

そして、これからも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。


■合同会社 金田社寺建築 ホームページはこちら
http://kanatashaji.com/

d0343840_19560909.jpg
[PR]
by piece2015 | 2015-10-12 20:15